失業保険

キャッシングしたお金で購入するのとクレジットカード利用で購入する違いは?

今買い物をするときにカードでの支払いをしている人がとても多いです。
現金主義の人もいれば、すべてカード払いで行う人もいます。
どちらも、商品を購入する手段として自分の生活スタイルに合った方法を選べば問題ありません。

ただしキャッシングとクレジットカードでは同じ商品を購入しても意味合いが異なります。
具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。
まずキャッシングとクレジットの大きな違いはお金に対する価値観がことなります。

キャッシングの場合は、決められた額を借り入れする事を指します。
使用する用途は人によって異なりますが、お金自体を借りるという行為になります。
それに対してクレジットカードの場合は、商品を先に手に入れて支払いは後でという方法になります。

カードを提示することで、カード会社が支払いを信用し購入の手続きを行います。
その後カード会社から支払いの請求がくるという仕組みです。
なのでお店の立場からみると、ツケで商品を先に渡すということになります。

昔はよく飲み屋さんや最寄りのお店で商品を購入した時に、手持ちがなければツケでといって商売しているところもあります。
この場合は個人と個人の信頼関係になりますが、クレジット払いの場合は信販会社が代わりに信頼関係を築いてくれます。
キャッシングよりもクレジット払いが多いのには、ポイントが付くというメリットがあるからです。
お買い物金額に応じてポイントが還元されます。

そのポイントを商品券や物などに還元したり、ネットショッピングでポイント購入できる場合もあります。
クレジット会社によってポイント還元率も異なります。
よく買い物を利用する場所で提携しているクレジットカードを発行するのが一番お得です。
ただしクレジットカードでは分割払いにすると利息が発生します。

また支払いが数ヵ月後になるので、知らないうちに請求額がたくさんになってしまうという人もいます。
またショッピングやキャッシングできる上限が低いのも特徴の人です。
キャッシングの場合は、現金でその場で支払うことができます。

返済期日を早めれば利息も少なく、無利息で融資してくれるところもあります。
使いすぎる事を防ぐこともでき、計画的に返済することができます。
まとまった大きなお金が必要な時はキャッシングの方が借入額も大きく、利息も低くなります。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないサービス All Rights Reserved.